はじめて喪主・ご遺族になられる方へ

はじめて喪主・ご遺族になられる方へ危篤・臨終時の訃報連絡に始まり、葬儀後の対応まで、喪主・遺族には行うことがたくさんあります。
ここでは、いざ自分が喪主・遺族の立場となったときに知っておきたいことをご紹介します。
※一般的な葬儀(仏式)をご紹介しております。詳細に関しましては、地域・宗派によって異なる場合がございます。

危篤の知らせ~臨終に際して

亡くなってしまった場合はどうすればいいですか?(医師の診断後)
ご安置場所を決めて葬儀社にお電話
ご自宅又は葬儀ホールなどご安置する場所を決めて葬儀社に搬送車の手配をします。病院でお亡くなりになった場合は荷物をまとめ、退院の手続きを済まします。(医師や看護師の方々へのご挨拶は後日病院に伺います)ご自宅ではお布団を敷いて故人様がお休みになられる準備をします。

ご安置場所への搬送

搬送には何人が同行すればいいですか?
1名様にご同乗いただきます
搬送には何人が同行すればいいですか?寝台車(搬送車)には「診断書」をお持ちの1・2名様に御同乗いただきますが、お車等の都合により御同乗いただけない場合は「診断書」をご同意の上お預かりさせていただき、ご安置場所へと搬送いたします。

ご安置・お寺などへの連絡

安置場所はどこがいいのですか?
故人様のご自宅が一般的です
安置場所はどこがいいのですか?式場での葬儀の場合、式場へ搬送するまでの間ご遺体をご安置いただきます。一般的には故人様が慣れ親しんだご自宅にご安置される場合が多いです。もちろん、式場の安置施設もご利用いただけます。
ご寺院にはいつ連絡すればいいですか?
故人様がご自宅に戻られたら
ご寺院にはいつ連絡すればいいですか? 基本的には故人様がご自宅に戻られたらご寺院様にご連絡します。ただ、ご寺院様のご都合もありますのでその場合はご寺院様とお打合せの上、調整します。ご寺院様ご到着後日取りと場所の希望を伝え、お打合せをいたします。 ご寺院等法要の依頼先をお持ちでない場合は葬儀社に相談しましょう。

葬儀内容のお打ち合わせ

打ち合わせとは何を決めるのですか?
葬儀の日時、場所等いろいろな内容があります
打ち合わせとは何を決めるのですか? 故人様をご安置後、喪主様を中心に御当家様との打ち合わせをさせていただきます。葬儀の日取りの希望、プランの内容、お料理の数、会葬御礼品の数等、様々な項目があります。 その場その場での判断をしなければなりませんのでわからないことや不安なことは納得できるまで相談しましょう。

納棺からお通夜、告別式

納棺から通夜・葬式の流れは?
ご安置から悔み受け、通夜までに故人様を棺に納めます
通夜式又は悔み受け(お別れ会)までに故人様を棺にお納めし、お棺を通夜式場又は悔み受け場に移動します。ホール葬の場合、通夜後は親族様のお部屋にご安置させていただき、お葬式前に再び式場へとご移動いたします。

ご葬儀後の流れについて